スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ステマムの強み

パパが行ってしまった翌日。

帰宅して…



もう駄目だと思いました( ̄▽ ̄)



三人暮らし初日から大泣き(笑)
号泣しました(ToT)


夕飯を作って食べたのは9時過ぎ。

ユリは昼まで家にいて、私より早い夕方には帰宅してたんですよ?
それで、夕飯がその時間になるって、ユリが何もしてないのを表してますわね( ̄ー ̄)


パパの単身赴任がわかってから、行ってしまうまで
私はずーっと残業でした。
アンが疲れないようにと母にヘルプを頼んでました。


母が自宅に帰り、私は久々に定時であがって学童にお迎えしたんです。


疲れて帰宅するとユリにも予測つくと思うのですが…



母がいる時にはユリも進んで?やってたお手伝いもやってなくて
母が帰り際に頼んだ事もやってなかったです(__)
(母から電話があり、頼んだけどやってあったか聞かれて知った)



他にも疲れてる私を更に動かすような事を色々やらかしました。
その後は二回呼びに行くまで夕飯を食べにも来ないし。


9時過ぎだし!
呼びに行くまで部屋に居る大学生も妙でしょ(笑)
健康体なのに。




ただ

パパが単身赴任で出発する前夜。
私はユリの態度がアレだとやっていく自信がないとパパに言いましたが…



ユリが何もやらないのは、やりたいと思う家族じゃないからだ

家族らしいことをしてないだろ。少しはしようよ。

コミュニケーション不足だ。

ユリが大学に受かってからのオマエの態度が悪いから、ああなんじゃないの?



と。パパに散々言われました。



…反論はいくらでも出来ましたよ。

家族らしくないのはユリの方だ。今まで私がユリをナイガシロにしたのかとか。

この状況で大学に行かせたのに、ユリがハナから一生懸命じゃない方が変だとか

私も色々やりたい事があるのに諦めて、好きでもない仕事を仕方ないと割りきって、会社を辞めずに頑張ってるんだからいいじゃないかとか


大体、大学生を構わなくても普通じゃないかとか



過去9年間とはいえ、本当に私はユリに対して必死にやってきた自信もあります。

継母だからこそ頑張った。
本当の親子だったら遠慮せずに、却って、傷付けあったりする部分もあったかもしれません。

でも継母だから、ユリに気を遣い、ユリの気持ちを本当に考えて育ててきたのはあります。
それは継母が良い作用をしたと思ってます(^-^)b



その蓄積があるのに、たった数ヵ月私が落ち込んでたら、ユリの態度が悪くなったって事をパパが言ってるわけです。


落ち込んで当たり前な理由もあるのに。



私は人生の、ものすごーく大事な部分を今の状態だと諦めるしかないのかなって、ものすごく悩んでたんです。


それをパパもユリも知ってます。


それでもユリが態度が悪くて、それがコミュニケーション不足だとか家族らしいことをと言われるなら、反論しても無駄かなと。

今までの私の行動を見てきたハズのパパ。
それでも、そんな事を言うならと思い、反論しませんでした。


今まで、ブログに書いてる愚痴やパパ批判はパパにも言ってます。
それが夫婦だと思ったから。


でも、そのグチグチした私がパパは嫌なわけです。

普通は嫌か(笑)

言わない方が良妻賢母に見えるとは思いますが、本音を隠してもね。。。

確かに私は完璧じゃないし、批判される部分も多々あります。


無理矢理にニコニコは出来ないけど、多少は無理してでも笑ってようかな?
笑ってると幸せはやってくると思いますしね。


そしたら、パパも私を批判出来ないだろうし(^-^)v


パパもね、私が実母だったらコミュニケーション不足とか家族らしくなんて言わなかったと思います。

だってねぇ、、、、私の高校、大学時代なんて親と会話なかったです。話しもあわなかったので話すの面倒だった!
それよりは私とユリよりの方が色々本音を話してますよ(笑)


継母だからってのがパパにもあるんです。
ただ、まあ、前述したように、継母ならではの気遣いが良い作用を産むのもありますから。


てなわけで、益々頑張ります。
努力したら、それで結果がどうあっても後悔はしないものです。
胸を張って、私は最大限に努力した!と言えますから。

同居時もそうでしたからね!

とにかくニコニコ!
母親は家庭で太陽でいるべきですからね(*^-')b
スポンサーサイト

2010/07/06(火) | 自分の事 | トラックバック(-) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

りり

『なんだか、、、せつない。。』

かりんさん、昔のがんばりすぎていた私に似ています。
ので、今、「がんばらなくていいんだよ」と言っても力が抜けないのだと思いますが、適度にガス抜きしないと倒れちゃいますよ。
ただただ、かりんさんの身体が心配です。

私の場合は、、、(過去の話で)参考になりませんが、ダンナや子供に期待することを一切止めました。全部、自分でやってきたのです。そこに大きな人間がいて、何もやってくれないと思うから腹が立つのです。最初からいないと思う。
むずかしいです。。でも、自分を守る術です。
ユリちゃんの前では絶対に言えませんが、アンちゃんがいるから、いてくれたから、頑張れていること多いですよね?自分の産んだ子供だから?いや、違う。と、、私も葛藤しました。自分の子供でも殺してしまう親がいる中で、かりんさん立派ですよ。

自分の出来ることは、精一杯やりたい。という考え、私も同じです。後悔しないように、二人の子供のママとして、お互いに頑張りましょう。(適度にね)



2010/07/07(水) 09:40:52 | URL | [ 編集]

かりん

『りりさんへ』

☆りりさん
コメント有難うございますm(__)m
ご心配おかけしてしまってますね。すみません。お気遣い有難うございますm(__)mm(__)m

同居時に比べたら全然頑張ってないので大丈夫です(笑)

いや、ほんと同居経験してて良かったって思っちゃうくらい。あの地獄の日々があったから今が大丈夫な感じかも。いいのか悪いのか(^ー^;

パパは他の人より家事をかなりする方だと思います。その点は本当にすごい。協力的。
でもユリが絡む話はダメね。冷静な判断が出来ない時が多々あるんです。
それに、ユリが家事をやらないのは自分がやるからいいじゃん!って感じで今までやってきてて、だから今回みたいにパパ不在な場合は本当に困るわけで・・・

ユリは能力的に家事出来ないんですよ(爆)
あ、これは発達障害だからで、悪気はないです。だから期待はしてないのですが・・・気遣いが欲しいですね。気遣いって人間の持つ自然な感情であると思うから。
^^;
たまにはコーヒー入れてくれるとか、そういうのでいいんです。

そこに居ないって考えてると楽なんだけど、態度も無視みたいになっちゃうって、それがまたダメなんだろうし。難しいですね。

基本的に、私は自分が楽になるにはどうすればいいか?という考えで居ますから(ひどい?)大丈夫です!!
だって、自分が楽しくないと生活が楽しくないし笑顔でいられないですもんね^^

アンのためにも笑顔でいたいです。笑顔でいないと!!って思います。

りりさんも無理せずに!!!

2010/07/07(水) 12:27:17 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。