スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お母さん・ママ

友人のブログでこれを読んで泣いてしまいました。

産婦人科の先生?が書いた詩だとか・・・
結構現実的でファンタジーじゃないですよ(笑)

長いので下に隠します。

↓↓↓

『わたしがあなたを選びました』

おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
汚れのない世界から地上に降りるのは勇気がいります。
地上での生活に不安をおぼえ 途中で引き返した友もいます。
拒絶され泣く泣く帰ってきた友もいます。
あなたのあたたかいふところに抱かれ 今 わたしは幸せを感じています。

おとうさん
私を受け入れた日のことを あなたはもう思い出せないでしょうか?
いたわりあい 求め合い 結び合った日のことを
永遠に続くと思われるほどの愛の強さで わたしを誘った日のことを
新しい いのちのいぶきを あなたがふっと予感した日のことを
そうです あの日 わたしがあなたを選びました。

おかあさん
わたしを知った日のことをおぼえていますか?
あなたはとまどいました。
あなたは不安におそわれました。
そしてあなたは わたしを受け入れて下さいました。
あなたの 一瞬の心のうつろいを わたしはよぉくおぼえています。
つわりのつらさの中で
わたしに思いを向けて自らを励ましたことを
わたしをうとましく思い もういらないとつぶやいたことを
わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを
わたしは よぉくおぼえています。

おかあさん
あなたとわたしはひとつです。
あなたが笑い 喜ぶときに わたしは幸せに満たされます。
あなたが怒り 悲しむときに わたしは不安に襲われます。
あなたが憩い くつろぐときに わたしは眠りに誘われます。
あなたの思いはわたしの思い
あなたとわたしはひとつです。

おかあさん
わたしのためのあなたの努力をわたしは決して忘れません。
お酒をやめ 煙草を避け 好きなコーヒーも減らしましたね。
たくさん食べたい誘惑と本当によく戦っていますね。
わたしのために散歩をし 地上の素晴らしさを教えてくれましたね。 すべての努力はわたしのため あなたを誇りに思います。

おかあさん
あなたの期待の大きさに ちょっぴり不安を感じます。
わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
わたしの性格にあなたはためいきするでしょうか?
わたしのすべては 神様とあなたたちからのプレゼント
わたしはこころよく受け入れました。
きっとこんなわたしが いちばん愛されると信じたから。

おかあさん
あなたにまみえる日はまもなくです。
その日を思うとわたしは喜びに満たされます。
わたしと一緒にお産をしましょう。
わたしがあなたを励まします。
あなたの意志で廻ります。
あなたのイメージで降りていきます。
わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。

おとうさん
あなたに抱かれる日はまもなくです。
その日を思うとわたしの胸は高鳴ります。
わたしたちといっしょにお産をしましょう。
あなたのやさしい声が わたしたちに安らぎを与えてくれます。
あなたの力強い声が わたしたちに力を与えてくれます。
あなたのあたたかいまなざしが わたしたちに励ましを与えてくれます。
わたしたちはあなたをこよなく愛し 信頼しています。

おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせて下さい。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。

おとうさん おかあさん
いま わたしは思っています。
わたしの選びは正しかった と。

わたしがあなたたちを選びました。


・・・・・・・・・・・・・・

鮫島浩二さんという方が書いた詩です。
有名みたいですけど、私は今日初めて偶然友人のブログで読みました。

結構、妙に現実的な部分もある(きわどいんじゃないか?!ってな感じの)詩だと思っちゃいました^^;

なんでしょうね。
涙がポロポロ出たんです。

多分、普通の母親は子供を産んだ時の事を思い出すんでしょうが・・・
私はユリを思いました。

あの子はなんで私を選ばなかったのだろう。
なぜ、私を選んでくれなかったのだろう。

そう思って涙がポロポロ出ました。

ブログにユリの事を色々書きますが、別に私とユリは仲たがいしてるわけではないんです。
口をきかないとか喧嘩ばかりしてるとか、そういうのもありません。

私が妙に悶々としてブログにぶつけているだけです。

まぁ、私と私の母よりは仲良しでしょうね(笑)

それでも!それでも!!!色々あるんです。
普通の親子でも色々ありますからね。
ただ仲良くしてればいいってもんじゃないんです。当たり前です。親なんだから導かないと!

産んでたらもっと違ったのだろうか、もっと小さい時から育ててたら違うのだろうか・・・
ユリは実母を嫌ってるんだから実母を選ぶハズがない。
なんで私から産まなかったのか・・・


どんなに必死で育てても私は「おかあさん」とも「ママ」とも呼ばれません。
呼び名なんて関係ない~って思われる方もいるでしょうが、結構大事なんですよ。
呼ばれてないから、本当にそれを痛感します。

実母より長くユリを育ててきました。
それでもユリは実母を選んで生まれてきたんですよね。

継母には「生まれる前からあなたを大事にしてきた」って話はキツイのです。
でも、この詩はキツイんじゃなくて、選んで欲しかったな・・・と思いました。








スポンサーサイト

2010/04/13(火) | ユリ&アン | トラックバック(-) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

towa

『』

上手く言えないのがもどかしいですが……
かりんさん、ユリちゃんに選んでほしかったんですね。
かりんさんはユリちゃんを産みたかったんですね。
かりんさんのユリちゃんへの愛情がすごく伝わってきました。
ユリちゃん、かりんさんにこんなに愛されて幸せだと思います。
かりんさんはユリちゃんの立派な親御さんだと思います。

2010/04/14(水) 00:53:36 | URL | [ 編集]

にんにん

『』

こんにちは!

私、この本は妊娠中に買いましたよ。
今も持ってます。
友達が妊娠した時にプレゼントしたし。
これは、障害を持って産まれてくる子のお母さんに向けた
励まし?のお話だったと思います。
産科医さんが、それを広め、口コミで広がり
それから本になったと思います。

ユリちゃんは、かりんさんの娘ですよ。
かりんさんはユリちゃんの母親ですよ。
ユリちゃんは、実母さんを選んだようで、実は、かりんさんを選んで産まれてきたんじゃないでしょうか?
未来が見えたんですよ。天使は、空から見えるんですよ。きっと。
ユリちゃんには、かりんさんがいつか母親になることをわかって選んできたんじゃないでしょうか♪

2010/04/14(水) 15:10:42 | URL | [ 編集]

かおり

『』

この詩も良かったけど、かりんさんの
「なんであの子は私を選んでくれなかったのだろう?」って
言葉に涙です(T-T)。
かりんさんのユリちゃんへの愛を感じました!
完璧な人間なんていません。
どんな親でも子どもに対する悩みってもっているんだと思います。
どうしても、もし自分が産んでいたら・・・って考えてしまうと
思います。
でもユリちゃんがこうなってくれたら、とか
ユリちゃんにこうなって欲しいって思うのはかりんさんが
母親だからだと思うんです。それは子を持つ母の想いだと思います。

ゆりちゃんはうっかり実母さんを選んじゃったけど
それは間違いだったと気づいたから、今かりんさんの元にいるんだと
思いますよ。
間違いに気がついてかりんさんの元にこれたユリちゃんは幸せだと思います。
ただ、やっぱり親の心、子知らずですからね。
ゆりちゃんには伝わりにくいんですよね。
でもゆりちゃんも親になったら
きっとかりんさんの気持ちが分かると思います。
まだまだ先の話かもしれません。
ゆりちゃんが気付いてくれるその日までは
悶々としたらまたブログで語りましょう!!

2010/04/15(木) 09:48:53 | URL | [ 編集]

itsmore

『涙出ました・・・』

かりんさん、こんばんは!以前コメントをさせていただいたことがある、継母歴1年半の者です。

とても素敵な詩で・・・私も涙が出ました。
かりんさんと同じように、この子が私を選んでくれてたら良かった・・・と思いましたが、うちの子の実母さんは病気で亡くなっているので、そのお母さんの気持ちを思ってまた涙が出ました。実母さん子どもに残したメッセージに「ママのところにきてくれてありがとう」と記されていたのをみたことがあるので、尚更です。。。
なので、この子は実母さんを選んで産まれてきたけれど、この子と、亡くなった実母さんが、今度は私を選んで、パパと巡り合わせてくれたんだ、って思っています。
ユリちゃんは、産まれるときは実母さんのところにきたかもしれないけど、今かりんさんのところにきたということは、実母さんよりかりんさんと縁があり、最初から母としてかりんさんを選んで産まれてきたんだと思います!
今はまだ成長の途中ですし、難しいお年頃?なのかもしれませんが、大人になったらきっときっと、かりんさんという母の存在を感謝する日がくるはずです!

実は今、私のお腹には、私を選んで降りてきてくれた命がいます。
この子は、私とパパと継子ちゃんの3人の赤ちゃんだ!って思います。
お腹にこの子が出来たことで、実母さんの思いを今まで以上にもっともっとわかる気がするし、今までに私が抱えてきたモヤモヤも、気にならなくなってきたような気が。
この子は、いろんなことで悩んでいた私に、何かを教えるためにも、私を選んで降りてきてくれたのかな?なんて思います。

2010/04/16(金) 23:15:13 | URL | [ 編集]

かりん

『towaさんへ』

☆towaさんへ
コメント有難うございますm(__)m

> ユリちゃん、かりんさんにこんなに愛されて幸せだと思います。
> かりんさんはユリちゃんの立派な親御さんだと思います。

時々、ユリへの愛情があるのか私は・・・と思う事もあります・・・
ユリが可愛い♪と思うと、あぁ自分にもこんな感情もあるんだと安心します。
育てても育てても母親の実感がないというか、なんというか。
親、なんですよね、それでも。
アンを育ててても色々な感情が沸くので、そんなもんなのかな~
なかなか自信が持てないですね。

お優しいお言葉をありがとうございますm(__)m

2010/05/08(土) 11:56:18 | URL | [ 編集]

かりん

『にんにんさんへ』

☆にんにんさんへ
コメント有難うございますm(__)m

> これは、障害を持って産まれてくる子のお母さんに向けた
> 励まし?のお話だったと思います。

なるほど!そうだったんですね~
「ん?」と思える部分もそれで納得しました。


> 未来が見えたんですよ。天使は、空から見えるんですよ。きっと。
> ユリちゃんには、かりんさんがいつか母親になることをわかって選んできたんじゃないでしょうか♪

ありがとう(;_;)
本当にありがとうね。そんな考え方した事なかったよ。
本当にありがとう。それしか言葉がみつかりません・・・


2010/05/08(土) 12:00:45 | URL | [ 編集]

かりん

『かおりさんへ』

☆かおりさんへ
コメント有難うございますm(__)m

> ゆりちゃんはうっかり実母さんを選んじゃったけど
> それは間違いだったと気づいたから、今かりんさんの元にいるんだと
> 思いますよ。

うっかりってちょっとユリらしくて受けた!いや、笑いどころじゃないんだろうけどね、ごめんね^^;

私は結婚したときに子育てに関して無知だったから、ユリを受け入れられたんだと思うの。
今、アンが8歳になりもう立派な子供で(って表現も変なんだけど)ここから誰かに「ハイ、育ててください」と言ってもものすごく難しいな・・・ってわかるから。
いきなり9歳の子の母親になるって無理だわ、普通は。よく結婚したなと今更思う(笑)
0歳から9歳までって濃いよ!!本当に濃い!!ここで「母親」としての自覚も自信もわくんだと思う。アンを育ててきた今、その大事な時期に自分が育てなくて、途中から育てる難しさがよ~くわかる。

考え方によっては、無知でよかったんだけどね。じゃないと結婚してないって事だから(^m^*)
私は大学生の母親としては未熟で未熟で・・・ユリも、きっと悶々としてると思う。
本当の母親ならもっと違うんじゃないかって思ったりしてるだろうなと。
・・・あ、ユリはそこまで頭回ってないかも(笑)

でもきっと未熟な母親はたくさん居るんだろうなぁって事で精進しますです^^;

> ゆりちゃんが気付いてくれるその日までは
> 悶々としたらまたブログで語りましょう!!

ありがとうね!
すっごくウジウジしたブログで申し訳ないです(><)

2010/05/08(土) 12:11:23 | URL | [ 編集]

かりん

『itsmoreさんへ』

☆itsmoreさんへ
コメント有難うございますm(__)m

> かりんさんと同じように、この子が私を選んでくれてたら良かった・・・と思いましたが、うちの子の実母さんは病気で亡くなっているので、そのお母さんの気持ちを思ってまた涙が出ました。実母さん子どもに残したメッセージに「ママのところにきてくれてありがとう」と記されていたのをみたことがあるので、尚更です。。。

実母さん亡くなられているのですね。
それは、itsmoreさんもお辛い立場ですね・・・

ユリは発達障害だといわれていて、ちょっと普通の子と違う(という表現は好きではないですが、他に書きようもないので)ので、余計に人の気持ちに疎いところがあって難しいです。
愛情に気づかないというか、自分が愛情や気遣いを与えられるのは当然で、人には与えられないというか・・・

ただ、実母さんより私を親とは思ってくれてはいるようです。多分(笑)
産むのは無理だったとしても、せめて2歳くらいから育てたかったかな~・・・無理な希望ですけど^^;


> 実は今、私のお腹には、私を選んで降りてきてくれた命がいます。
> この子は、私とパパと継子ちゃんの3人の赤ちゃんだ!って思います。

御懐妊おめでとうございます(*^^*)
3人の赤ちゃんって考え方が出来るitsmoreさんって何て素晴らしい方!!!

赤ちゃんは家族の絆を深めてくれると思います。
なおいっそう幸せ家族になれますよ♪
私も頑張りますね!!!

2010/05/08(土) 12:35:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。